スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティックメンテナンス-2

スティック補修のスティック

久日ぶりの更新です。
今回はメンテナンスの2回目 
スティックのすり減った部分の補修の私見雑学です。

スティックを使っていると削られすり減ります。
すり減り初めてくると抵抗が増えてヒット等が安定せず
穴があくと試合では使えなくなります。
そこで活躍するのがスティック補修剤。
今回、専用補修剤であるTKスティックマジックを使います。
newpo_12.jpeg
総グラ(サンドベース)沼商グランド(クレーコート)で使っていると、あっという間に削れていきますが
スティックが削れ始めた時点からマメに補修すれば、スティックの寿命が伸びます。が・・・
めんどくさいよね・・・
そんな時に簡単に補修できちゃう スティック補修の脇役の紹介
s-11.jpg
     ↑
  この白い"パテ塗り用スティックヘラ” とサンドペーパー(紙ヤスリ)と段ボールの切れ端

ホームアシストなんかでヘラ200円位〜 サンドペーパー50円位〜で売っていますよ。
段ボール(厚紙)なら何でも良いです。
s-2.jpg
  ↑こんな感じで段ボールの切れ端(段ボールにガムテープや透明テープが貼ってある場所なんか良いかも)に
補修剤を適量出してよく“ヘラ”で混ぜます。(よく混ぜないと固まってから割れちゃう)

DSCF0132.jpg
補修するスティックは洗剤などでしっかり洗って、汚れと洗剤を落として乾かしてからですよ〜〜

nuru.jpg
↑こんな感じ(上手く塗れないのは、慣れていないから・・何度もやればコツがわかります)
塗り終わった段ボールは補修剤が固まってから捨てちゃうだけ。
塗り終わったヘラは温水で洗うだけ。
(ヘラに付いている補修剤は段ボールにこすりつけて取り除いてからね)
kawakasu.jpg
一晩乾かしたらサンドペーパーでバリ(凸凹)を削りキレイに仕上げる。
s-5.jpg
サンドペーパーには粗さがあります。
粗い→数字が若い50番とか80番とか 細かい→100番とか200番とか
販売店で触ってみればわかりますが粗めで削り、細かいので仕上げるってかんじです。

厚く塗りすぎると公式試合前のスティックチェックする時にひっかかるので注意してください。
塗り残った補修剤を水道なんかで流さないようにね。!
補修剤使用後はしっかりキャップをすれば(空気に触れさせない)何回もつかえます。

用品に愛着を持もった修理や清掃を自分でする事で、いろいろな用品(部分)のその役割や仕組みが
解ってくる・・・・
そして何よりもその愛着がプレーの質を高めてくれる。
スポンサーサイト

# スティックメンテナンス-2

スティック補修のスティック

久日ぶりの更新です。
今回は2回目 スティックのすり減った部分の補修の雑学です。

スティックを使っていると当然すり減ります。
すり減り初めてくると抵抗が増えてヒット等が安定せず
穴があくと試合では使えなくなります。
そこで活躍するのがスティック補修剤。
今回、専用補修剤であるTKスティックマジックを使います。
newpo_12.jpeg
サンドベースやクレーコートで使っていると、あっという間に削れていきますが
スティックが削れ始めた時点からマメに補修すれば、スティックの寿命が伸びます。
が・・・
めんどくさいよね・・・
そんな時に簡単に補修できちゃう スティック補修のスティック紹介
s-11.jpg
     ↑
  この白い"パテ塗り用ヘラ” とサンドペーパー(紙ヤスリ)

ホームアシストなんかでヘラ200円位〜 サンドペーパー50円位〜で売っていますよ。
プロフィール

numasho

Author:numasho
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
スポーツ ホッケー競技
numashoカウンタ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。